福井銀行の活用法

福井銀行の手数料

ネットバンクが台頭してきた影響で、手数料や金利に着目する人が以前よりも増えました。コストのかからないネットバンクは従来の銀行よりもずっと手数料が安いため、地方銀行や都市銀行の手数料に疑問を持つ人が増えたのです。しかしネットバンク以外の銀行は数が多くて平均値も出ていません。そこで福井銀行を含む複数の金融機関の手数料を調べてみました。

手数料で1番高いのは他行宛て3万円以上の振込手数料です。福井銀行の振込手数料はナチュラネットを使った540円が最安。ほかの金融機関はというと、メガバンクである三菱東京UFJ銀行の最安値が324円、三井住友銀行とみずほ銀行が432円といずれも福井銀行よりも安いです。これらの銀行は大手であるため利益が大きく、その分還元ができるからでしょう。

地方銀行はメガバンクよりも総資産など銀行としての力が弱いため、この基準よりも高くなる傾向にあります。たとえば北陸地方最大手の北陸銀行の最安値は福井銀行と同じ540円です。しかし全国的に大手の地方銀行となると話は別で、全国的に大手の静岡銀行・横浜銀行・千葉銀行はどこも432円が最安値となっています。このように普通銀行の場合は規模が大きいほど手数料も安くなる傾向にあります。

とはいえ福井銀行も普通の地方銀行と同じ水準の手数料であるため、高すぎるわけではありません。ナチュラネットによってかなり安くすることが可能ですし、インターネットバンキングがありながら手数料が安くならない銀行もあります。とはいえポイントサービスなど手数料が安くなる特典がついたサービスをおこなっていないので、やはり安い手数料で利用したい場合はほかの金融機関を利用するのが手っ取り早いでしょう。