徹底分析、足利銀行

足利銀行周辺の地方銀行を比較

足利銀行(通称あしぎん)は栃木県宇都宮市に本店を置く地方銀行です。栃木県内で圧倒的なシェアを誇り、栃木県・群馬県・茨城県の北関東3県全体でも存在感が強い銀行です。栃木県内の地方銀行は足利銀行のほかに第二地方銀行の栃木銀行があり、隣接する群馬県や茨城県、埼玉県などにも多くの銀行があります。

宇都宮観光コンベンション協会 http://www.utsunomiya-cvb.org/

たとえば地方銀行でいうと、群馬県には群馬銀行、茨城県には常陽銀行と筑波銀行、埼玉県の武蔵野銀行があります。このうち最も大きいのは常陽銀行です。しかし北関東3県と埼玉県を合わせた4県のなかで、第二地方銀行は群馬県の東和銀行と栃木県の栃木銀行の2つしかなく、有力な地方銀行にシェアが集中しやすい環境といえます。

東和銀行 http://www.towabank.co.jp/

北関東3県はもともと金融や経済の面で結びつきが強く、お互いの県境の近くではとりわけ地方銀行のシェア争いが激しいという特徴もあります。そのため足利銀行など北関東圏内の地方銀行はよく比較されています。といっても地方銀行同士で金利や手数料が大幅に異なるということは少なく、足利銀行を含む近隣の地方銀行もキャンペーンや特別金利の商品で少しずつ差をつけている状態です。

そういった背景があって、北関東周辺の地方銀行は比較的キャンペーンが多いです。足利銀行で多いのは投資信託や外貨預金におけるギフトカードプレゼントや手数料・金利の優遇などです。さらにポイントカード新規入会でボーナスポイントプレゼントという企画も多いです。こういったキャンペーンは人気が高く、キャンペーン中は新規での商品購入が大幅に増えます。

負けじと群馬銀行ではキャンペーンのほかにマネットプランなどの金利優遇サービスをおこなっています。しかし条件が厳しいうえ、実際にはあまりお得でないという意見も多いです。常陽銀行では住宅ローンなど融資関連のキャンペーンが多く、そのため特別金利が組まれることが多いです。常陽銀行は規模が大きく融資額が大きいため、ローン利用者が多いためです。