徹底分析、足利銀行

足利銀行のお得なインターネットバンキング

インターネットバンキングは今や銀行のサービスのなかで最も人気の高いものとなっています。というのもインターネットバンキングは振込などの基本的な銀行取引を人件費をかけずにおこなえるため、コストが抑えられた分手数料や金利が優遇されることが多いのです。そのためネットバンクのように実店舗すら置かない銀行は、通常の銀行よりも大幅に手数料や金利が優遇されています。

しかしネットバンクでなくても、都市銀行のように財政が豊かであれば、地方銀行よりも手数料や金利がいい場合が多いです。つまり最も各種手数料が高く、金利が低いのは地方銀行ということになります。そのためお金がないうえに、インターネット環境による利便性を重視する若い層を中心に、地方銀行の顧客争奪戦が激化しています。

その仁義なき顧客争奪戦のカギとなるのが、インターネットバンキングなどインターネット環境の充実です。インターネットバンキング以外にインターネット専用支店を置いている地方銀行もあります。この2つの違いは、通常の取引をATMなどを使わずインターネットで申し込めるのがインターネットバンキング、ネットバンクと同じく各取引をインターネットで処理しているのがインターネット専用支店です。

足利銀行のインターネットバンキングの最大の利点は、振込手数料の安さです。大々的に宣伝されているのは、投資信託申し込み手数料が最大30パーセントキャッシュバックされるという部分ですが、誰もが投資信託を利用するわけではないことを考えると、振込手数料が安いことのほうが重要度が高いです。

地方銀行の振込手数料は他行宛て3万円以上の場合、最安でも540円というのが主流です。しかし足利銀行はインターネットバンキングおよびモバイルバンキングを使うと432円という安さ。3万円以下なら216円です。そのため足利銀行を利用するならインターネットバンキングも必ず利用することをオススメします。