マイナス金利政策下の定期預金

低金利下でも有用な定期預金

現在の日本経済は、ようやくデフレ脱却の兆しが見え始めていますが、実体経済はまだまだ厳しさが残っています。そうした環境下において、政府・日銀は物価を上昇させることで一段の景気を浮揚させるために、日銀は日本で初となるマイナス金利政策を適用しました。今回のマイナス金利政策は、銀行が日銀に預けている当座預金に課されるものであり、個人等の預金には直接影響しません。しかし、マイナス金利政策の導入理由は、世の中にお金が出回る(=積極的な融資が実行される)ことを目的としており、融資の金利を引き下げる目的が考えられますが、対極にある預金金利も同様に引き下げられる動きが予想されるため、影響が全くないとは言えません。現に、みずほ銀行や三菱東京UFJ銀行などの大手都市銀行は預金金利の引き下げを行っています。

一方で政府は、世の中のお金の循環を活発化させることを目的にとして、個人の投資運用を促進しています。年金運用の株式比率の増加や個人による株式や債券、投資信託などの金融商品での運用を促進するための証券税制の整備は、貯蓄から資産運用への関心を促すには十分な政策となっています。このように、現在の金融政策や経済政策は、低金利の長期化の方向性を示しています。不透明な世の中ですが、低金利は続く、しかし運用は元本が目減りする可能性もあることから、あらためて定期預金で運用することを検討してはいかがでしょうか。

定期預金は、あらかじめ期間が決められているので、普通預金よりもやや金利が高めに設定されており、中途解約をした場合は、当初設定された高めの利息を受け取ることができませんが、元本が目減りすることはなく、ペイオフの対象でもあります。昨今の定期預金は各金融機関ごとに独自性のある様々な商品を取りそろえています。以下では、低金利下でも有用性の高い定期預金を紹介します。

1.インターネット銀行口座を利用した定期預金

インターネットを利用した取引は、ネットバンクと呼ばれていますが、店舗を持たないため、運営費や人件費などのコストがかからないことから、一般の銀行と比べて高い金利と安い手数料が特徴です。代表的な金融機関として、楽天銀行やジャパンネット銀行などのインターネット専業銀行や新生銀行や東京スター銀行などのネットバンクに注力している銀行があげられます。

ネットバンクによる定期預金は、預入期間や預入金額、新規口座開設などの条件によって適用される金利は様々ですが、一般の銀行よりも細かく設定された定期預金が多く、満期をライフイベントに合わせやすいといったメリットもあります。また、昨今のネットバンクを取り巻く環境は、他社競合の激化により、高値の金利を適用しているだけでなく振込手数料等にみられる低い手数料や独自のネットサービスの展開、コンビニなどの提携ATMの増加など、一般の銀行と遜色なく利便性が高まっています。定期預金に限らずネットバンクの活用は利用者にとってメリットが多いと言えるでしょう。

2.キャンペーン定期預金

金融機関の窓口でも申込手続きを行うことができ、募集期間が限定されたものや、あらかじめ預入金額が決められていることが一般的です。ネットバンクに劣らない金利を適用している場合もありますが、現在のキャンペーン定期は金利だけではありません。

金融機関独自に取り扱う定期預金として、地元のプロスポーツチームの勝敗が金利に影響する定期預金や懸賞金付き定期預金、宝くじや地元の特産品がプレゼント特典となっている定期預金など、実は金利以上のリターンを得られるお得な定期預金も数多くあります。これらの定期預金は、主に地方の金融機関で取り扱っていることが多いです。

3.外貨定期預金

外貨定期預金は文字通り、日本円を外貨に転換して外貨で定期預金運用を行うことです。日本円と外貨を交換する際には、為替手数料が発生します。適用金利は、他国の基準金利によって決められるため、通貨によっては日本で定期預金をするよりも高めの金利で運用できることや為替変動によって為替差益や為替差損が生じ、元本が変動することが特徴です。元本の保証はないので円の定期預金よりもリスクは高めであり、ペイオフの対象外なので、運用商品の性格が強い定期預金と言えるでしょう。

外貨定期預金は、現在の為替相場が将来、円安へ向かうと予想する場合や、円の価値の下落に対する長期的な備えとして活用されていますが、日本の国が抱える借金や経済構造、物価を上昇させる政策は、円の価値の減価要因とも考えられるため、通貨分散効果が期待できる外貨定期預金の運用はますます有用な資産形成の手段として注目が集まりそうです。ちなみに、現在の外貨定期預金の金利は、資源国である豪州やNZの通貨で運用する外貨定期預金が高めの金利を適用しているようです。

通貨や為替レートなど | ニュージーランド http://www.newzealand.com/jp/feature/new-zealand-currency/