お得な千葉興業銀行

千葉興業銀行の外貨預金

金融機関で余裕資金を運用する方法は円定期預金だけではありません。外貨預金ならもっとお得です。外貨預金では為替差益という円預金にはない利益を得ることができます。為替差益とは通貨を換える際、為替相場の違いによって生じる利益のことです。たとえば1米ドルが100円のときに円から米ドルに交換しておき、1米ドルが110円になってから再び円に戻すと10円儲かります。これをもっと大きな金額でおこなうと円定期預金の利息よりも大きな利益となります。

利益を生む仕組みが円預金と全然違うので、初めて使うときは外貨預金独特の注意点に気をつけましょう。たとえば外貨預金では為替手数料がかかります。振込手数料などに比べると少ない金額ですが、利用の際には必要コストとして計算に入れておく必要があります。さらに取引する通貨によって為替相場が異なるので、通貨選びは慎重におこないましょう。千葉興業銀行ではユーロやドルといった有名通貨を扱っています。

千葉興業銀行では外貨普通預金と外貨定期預金の2種類を扱っています。円預金と同じく普通預金はいつでもお金の出し入れができ、定期預金は一括預入で満期日まで引き出せないという特徴があります。そのため最初はどちらかというと外貨普通預金のほうが低リスクです。しかし為替相場によっては為替差損を被ることもあるので、払い戻しのタイミングには気をつけましょう。

千葉興業銀行では為替差損を回避するオプションつきの外貨定期預金もあります。具体的には満期日の直前の為替相場が一定以上円高になっていた場合、円に交換せず外貨で受け取れます。外貨預金は預入時より円安になると為替差益が発生し、円高になると為替差損が発生するため、円高になった際に外貨で受け取ることによって為替リスクを回避できるのです。ただしこのオプションは円安になった場合の為替差益も受けられなくなるので、外貨定期預金を使い慣れている人には逆に不便かもしれません。