お得な千葉興業銀行

千葉興業銀行で国債

金融機関が扱う投資商品のなかでも特に低リスクなのが国債です。国債(国庫債券)とは国が発行する債券で、購入することで国にお金を貸すことになります。投資の一種ですが、満期日になると債券購入時に支払った元金と利息が償還されるというシンプルな仕組みです。貸す相手が国ということで信頼性が高く、国の経済状態にもよりますが高確率で償還されるため人気が高く、格付けの高い日本の国債は国内外の多くの投資家が購入しています。

千葉興業銀行では個人向け国債を販売しています。個人向け国債とは債券のなかでも個人投資家しか購入できない債券で、中途換金が可能など他の国債にはない特徴があります。実質的には中途解約が可能な定期預金と似たような状態です。満期日は3種類あって最短で3年最長で10年となっています。国債以外ならもっと期間の短い短期金融商品もありますが、中途換金できるため長期保有も安心です。

千葉興業銀行の債券のなかでオススメなのが10年満期で変動金利タイプの個人向け国債です。現在のように低金利なときは、変動金利で購入すれば将来金利が上がったときに連動して適用金利が上がるからです。しかし債券は定期預金と違って年2回利息が支払われるので複利効果がなく、複利タイプの定期預金に比べると利息は少なめです。定期預金のような特別金利キャンペーンもないので、定期預金と使い分けるといいでしょう。

金融商品のなかには投資信託や株式投資など様々な商品があり、それぞれ運用方法や投資対象が異なり利益も様々です。国債は変動金利タイプならともかく基本的に決まった額の利益しか出ないため、積極的に投資したい人には向かない恐れもあります。購入・運用の際の申込手数料がかからないため利益の目減りがなく、低コストという意味でも投資初心者向きの商品です。地方銀行だけでなく都市銀行や証券会社など多くの金融機関で扱っていて、国際債券など個人向け国債以外の債券もあります。