福井銀行の活用法

福井銀行と使い分け

福井銀行という銀行自体は非常にオーソドックスな銀行です。商品は王道の定期預金やローン、保険などで、ほかの銀行にはない独自のサービスや個性的なオプションのついた革新的な商品などもありません。あくまでも普通に預けて普通に使う人用の銀行といった感じです。そのため高金利の預金や安い手数料などを利用したい場合、別の銀行をサブバンクとして使うといいでしょう。

福井銀行は基本的な商品はほぼそろっているので、サブバンクはあくまでも目当ての商品を利用するためのものとなります。そのため高金利商品が多く手数料も安いネットバンクがオススメです。新生銀行の2週間満期定期預金やじぶん銀行の3ヶ月満期定期預金などは、従来の定期預金の基準を大きく超える高金利で運用できるため非常に人気が高いです。

またネットバンクのメリットとしては振込手数料などATM手数料が安いという点があります。そのためネットショッピングなどの振込専用の銀行としても便利に使うことができます。福井銀行のような地方銀行のATM利用手数料はどこもネットバンクより高いので、ネットバンクから振り込むだけでかなりお得になります。そのため給与を振り分けたり、一定以上福井銀行に預金が貯まったらまとめてネットバンクに移して、定期預金や振り込み用の口座に入れておくと便利なのです。

このように一見普通の銀行である福井銀行も、ほかの銀行と合わせれば普通さを活かして便利に使うことができます。福井県内に住んでいる場合は公共料金などを福井銀行で払うと楽なので、生活費を運用するのが福井銀行、預金したりあちこちに振り込むのがネットバンクという風に分けるのがいいかもしれません。銀行を複数使うことによって、預金を分散させて保護できるという意味合いもあります。